そして、その服を隼人に投げつけた弥太郎は、

上一篇 / 下一篇  2019-01-21 20:39:59

そして、その服を隼人に投げつけた弥太郎は、「それはワシの物じゃから、洗って返せよ!」恫喝するように隼人に言った。「うひょぉ。ありがてぇ!さすが、鬼の弥太郎様だぁ!」喜泳池別墅隼人が早速弥太郎の服を着始めると、「あ!…ま、待て!」隼人の動きを止めさせた弥太郎が、「ヌシ…また以前のように、外で長尾や小島の名を語るつもりで服を借りたのでは無いじゃろうな…。」確認を入れてきた。以前の佐渡取りの折、隼人が勝手に長尾の名を使った事を覚えているのであろう。「はっはっは。弥太郎よ。ワシが今でもそないな事をすると思っておるのか?」「あぁ。当然、思うておる。」「人間は日々進歩する。もうあのように長尾の名を使ったりはせんよ。」隼人は、胸を張って答えるが、この男の言葉には、相変わらず真実味が足りなかった。そのため、服を貸そうか迷ってしまった弥太郎は、隼人が来た用件を聞く事とした。隼人は、「機密事項じゃ。」などと言ってその追求を逃れようとしたが、「ならば、服も貸さぬし、御館様へも通しはせぬ。」と弥太郎が言うので、褌一丁に、片腕だけ正装に通した状態のまま、「実はな…。」と、来訪の意を弥太郎に告げた。


TAG:

 

評分:0

我來說兩句

顯示全部

:loveliness: :handshake :victory: :funk: :time: :kiss: :call: :hug: :lol :'( :Q :L ;P :$ :P :o :@ :D :( :)

日曆

« 2019-04-21  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

數據統計

  • 訪問量: 4007
  • 日誌數: 40
  • 建立時間: 2018-08-10
  • 更新時間: 2019-03-28

RSS訂閱

Open Toolbar