そして、海中でぐったりとした顔葉を見つけたたっつん

上一篇 / 下一篇  2019-01-15 22:37:32

そして、海中でぐったりとした顔葉を見つけたたっつんは、右腕で顔葉を抱え、海面目指して足をバタつかせた。しかし、疲れきっているたっつんに、もはや、海面まで顔葉を引き上げる力は残っておらず、たっ海景豪宅んもそのまま気を失ってしまった。気を失ったたっつんが目を覚ましたのは、港の一角であった。まだ、海に落ちてから、あまり時間が経ってないのであろう。周りには、さっきまで騒いでいた顔葉の配下や、双嶼の者達もいる。気がついて、立ち上がろうとしたたっつんは、「…うっ。」うめき声を出すだけで、とても立ち上がる事は出来なかった。すると、隣に寝かされていた顔葉も気がついたようである。顔葉は、軽々と上体を起こし、たっつんの方を向くと、「…負けました。」と、言った後、「貴殿は、あの王直殿の養子にして海獅子の名を継ぐ者…。それだけの繋がりがあらば、多くの者を呼び込む事が出来ます。その上、頭がきれて腕っぷしも立つ陳秀様を傍に従えております。」と話しかけてきた。「それ程の者であれば…と陳秀様に従ってまいりましたが、その若さで拙者との勝負を受けてたつ度量があるとは、驚きました。」顔葉は、そう言って、倒れているたっつんを抱え上げると、そのままたっつんを担ぎ上げた。


TAG:

 

評分:0

我來說兩句

顯示全部

:loveliness: :handshake :victory: :funk: :time: :kiss: :call: :hug: :lol :'( :Q :L ;P :$ :P :o :@ :D :( :)

日曆

« 2019-08-24  
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

數據統計

  • 訪問量: 5630
  • 日誌數: 40
  • 建立時間: 2018-08-10
  • 更新時間: 2019-03-28

RSS訂閱

Open Toolbar