「これでは、武士階級の式となってしまうぞ!」

上一篇 / 下一篇  2018-10-14 20:44:06

「これでは、武士階級の式となってしまうぞ!」しきたりに苦慮する才太郎がたっつんにそう声をかけるが、「まぁ、良いじゃねぇか。こっちの方が二人も嬉しいだろ。」そう言いながら、たっ大細面解決んの家につくと、迎えに現れたGは、その大人数に驚いた顔をしている。皆はそんなGに、祝いの言葉を述べ、家に入ると、好きなように、新郎側、新婦側に分かれて座った。しかし、狭い長屋の一室である。ほとんどの者が庭や外に溢れ出しながらも、三々九度の固めの儀をする二人を微笑ましく眺めていた。その後も少々の儀礼をおこなうと、宴会の開始である。この時代の結婚の宴会は夜を徹して数日行われるのが、通例である。思わぬ大人数に、「銭は某が出す!中村御所の城下中の酒を買って参れ!」との隆行の言葉に、大量の酒が集められ、大騒ぎが開始された。式の最中も、宴会の最中も、泣いたり笑ったりと忙しそうな清右衛門は、余程嬉しかったのであろう。何度も何度も感情を爆発させていた。


TAG:

 

評分:0

我來說兩句

顯示全部

:loveliness: :handshake :victory: :funk: :time: :kiss: :call: :hug: :lol :'( :Q :L ;P :$ :P :o :@ :D :( :)

日曆

« 2018-11-18  
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

數據統計

  • 訪問量: 953
  • 日誌數: 20
  • 建立時間: 2018-08-10
  • 更新時間: 2018-11-12

RSS訂閱

Open Toolbar