「まぁ、そんな感じで、式もしっかりやる事になってる

上一篇 / 下一篇  2018-10-04 21:17:39

「まぁ、そんな感じで、式もしっかりやる事になってるから。お前、それ置いたらウチに来いよ。」「………あぁ。」そう言葉を交わすと二人は別れた。たっつんは部屋に戻ると清右衛門をつかadrian chengえ、「Gは、お菊さんに言うたらしいですぞ。さぁ、家に戻ってくれ。」早速の報告をした。「なんじゃとっ?!あの爺がかっ!!」清右衛門は、驚きと喜びを混じらせた叫びをあげると、「ヌシのおかげじゃ!ヌシのおかげじゃ!!」たっつんを抱きしめて、大いに喜んだ。「…いや…嬉しいんじゃったら…早く行ってくれ…。」清右衛門の熱苦しさに抵抗するたっつんが言葉を捻り出す。「おう!ほうじゃったな!わしゃぁ此処では無かったの!」清右衛門は、そう言ってたっつんを放すとバタバタと走り出て行った。(さぁ、こっからだな。)開放感からヤル気を膨らませるたっつんが、才太郎の方を向くと、すぐに外から、清右衛門のデカイ笑い声と、何かを叩く音が聞こえてきた。その音に怪訝な顔をしたたっつん達は、その音が止み、笑い声が遠退いた頃、疲れた顔で訪れたGを見て納得した。(ははは。こいつ、ちょうど遭ったな。気の毒に。)


TAG:

 

評分:0

我來說兩句

顯示全部

:loveliness: :handshake :victory: :funk: :time: :kiss: :call: :hug: :lol :'( :Q :L ;P :$ :P :o :@ :D :( :)

日曆

« 2018-10-17  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

數據統計

  • 訪問量: 478
  • 日誌數: 17
  • 建立時間: 2018-08-10
  • 更新時間: 2018-10-14

RSS訂閱

Open Toolbar