中国の福健。そのどこかで陳秀は生まれた。

上一篇 / 下一篇  2018-09-08 00:38:44

中国の福健。そのどこかで陳秀は生まれた。しかし、貧しい家であったため、生まれてすぐに寺に預けられ、物心ついた頃には寺の小坊主であった。また、その寺は、武術の盛んな寺で、名を少億嘉國際聯繫我們寺という。ここで幼い頃から武術を体得していった陳秀は、大変気が短く、事ある事に周りと揉めていた。そのため、必然的に一人でいる事が多く、その寂しさと怒りがさらに気の短さを加速させた。そして、武の修練をおこなっている時は、それらの煩わしい事を忘れられるため、武の修練には一心不乱に取り組み、上達は早い方であった。そんな日々が続き、陳秀が青年となったある日。組み手の途中で、悪ふざけした相手が陳秀にチョッカイを出すという事があった。その時、怒った陳秀は、相手を立ち上がれない程に滅多打ちにしてしまい、それがキッカケで同年代の者達から仇扱いされるようになった。それは、滅多打ちにした事に対して反省を促す為に入れられた独房から陳秀が出た日、夜襲という形であらわれた。陳秀は、己の身を守るために無我夢中で戦ったその時、同年代の者を何名も殺してしまった。我に戻ってから、その惨状を見て焦った陳秀は、すぐに寺を逃げ出した。


TAG:

 

評分:0

我來說兩句

顯示全部

:loveliness: :handshake :victory: :funk: :time: :kiss: :call: :hug: :lol :'( :Q :L ;P :$ :P :o :@ :D :( :)

日曆

« 2018-09-22  
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

數據統計

  • 訪問量: 251
  • 日誌數: 12
  • 建立時間: 2018-08-10
  • 更新時間: 2018-09-21

RSS訂閱

Open Toolbar