(火繩銃の試し撃ちか?)しかし、近づいてみ

上一篇 / 下一篇  2018-09-01 15:26:07

(火繩銃の試し撃ちか?)しかし、近づいてみると存外広く、多種多様な障害物が置かれていた。(なるほど、調錬の場か…。)その調錬の場には、入り口に屈強そうな男が立っており、見張りVictoria Dockside K11しているらしい。強面に鋭い眼を光らせてこちらを見ている。火繩銃は、この時代の高級な最新兵器である。そのため、(戦術は企業秘密って事か…。)と考えるが、近代戦争や戦術に興味のあるGには、あまり興味が無い。なんとなしに見ていると、「安堵せぃ。今日は、そちらには行かぬ。」と、豊若丸が見張りに声をかけた。その言葉に、見張りの目元が和らぐ。「珍しいですのぉ。柵にへばりついて離れない豊若丸様が来られないとは。」見張りのその言葉から、豊若丸は、いつも此処に鉄砲の調練を眺めに来ているのであろう事が伺える。「今日は人を連れとるでな。明日は来よう。」「こちらは危険です。それ故、父上からもきつく言われております。通しませんからな。」「なんじゃ、通してくれる訳では無いのか!明日こそは通らせてもらうぞ!」まだ、豊若丸が幼少なため、その身を案じて立ち入りを禁止しているのであろう。


TAG:

 

評分:0

我來說兩句

顯示全部

:loveliness: :handshake :victory: :funk: :time: :kiss: :call: :hug: :lol :'( :Q :L ;P :$ :P :o :@ :D :( :)

日曆

« 2018-09-25  
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

數據統計

  • 訪問量: 274
  • 日誌數: 12
  • 建立時間: 2018-08-10
  • 更新時間: 2018-09-21

RSS訂閱

Open Toolbar