Gは、そんな隆行の背に、ポンと手を置くと、

上一篇 / 下一篇  2018-10-16 20:07:41

Gは、そんな隆行の背に、ポンと手を置くと、「………おめでとう。」と一言いった。「何が?」突然の祝福に意味の分からない隆行が聞き返すと、Gは、さっさと先に歩いて行ってし大學高級文憑う。「お、おぃ!G!待て!気にするな、とか、おめでとう、とか、意味が分からんぞ!おぃ!G!」そんな調子で鍛冶場に向かう二人は、隆行への声援に応えながら歩いていくと、眼前に大きな工事現場が現れた。建設途中の一条家の鉄砲鍛冶場であった。春から造り始めたこの鍛冶場は、既に、かなり形を現してきており、凄まじい進捗を保っていた。そんな工事現場には、いつの間にか、Gについてきた元西園寺家の者達まで駆り出されており、「おい!その木材はそっちでは無い!!」「阿呆!その道具の扱いには気をつけろと言うたじゃろうがぁ!!」大工の棟梁の横に立ち、いたるところに吠えるように指示を飛ばす清右衛門の姿もあった。(あ。清右衛門だ。あいつ、いつもおるな。)自らの義父をあいつ呼ばわりするGの視線の先には、日焼けから黒々と焼けた清右衛門が、怒号を放ちながら、時には自ら作業に参加する熱の入れようで、辺りを所狭しと走り回っていた。


TAG:

 

評分:0

我來說兩句

顯示全部

:loveliness: :handshake :victory: :funk: :time: :kiss: :call: :hug: :lol :'( :Q :L ;P :$ :P :o :@ :D :( :)

日曆

« 2018-11-17  
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

數據統計

  • 訪問量: 1234
  • 日誌數: 14
  • 建立時間: 2018-04-14
  • 更新時間: 2018-11-09

RSS訂閱

Open Toolbar