「──“白兎の悪戯”」

上一篇 / 下一篇  2018-07-20 16:36:15

 「──“白兎の悪戯”」 ──氷属性最上級魔法“白兎の悪戯”。 魔力によって具現化された三匹の雪兎は、シーヤへ向かって飛び出していく。 この魔法は、最防脫髮級魔法ではあるが、消費する魔力相応の威力は持たない。 “白兎の悪戯”は、はっきりいってしまえば攻撃魔法ではない。当たればそれなりの威力はあるが、この魔法は補助魔法なのだ。この魔法の使用方法は──。「……なんだこれは」 跳ねる兎の速さは、常人には目で追えぬほどのもの。三つの可らしい氷の塊は、弾丸の如くシーヤに襲いかかる。 見た目に似合わぬ速さ。シーヤは難なく避けたが、──この魔法には追跡魔法が組み込まれている。 地に足をつけた雪兎たちは、反転して再びシーヤへ向かっていく。「──っ!?」 予想外だったのか目を見開いたシーヤであったが、再び兎を避けた。 ──しかし、この魔法はあくまで補助魔法。そう、敵を撹乱させるための、補助魔法でしかない。 速さを増した兎に、斧に似た武器を振り下ろすシーヤ。しかし、兎はすばしっこく、そう簡単に当たらない。 シーヤの注意は、完全に兎に向いていた。この隙を逃すわけにはいかない。 総帝はゆっくりと魔法を展開していく。急激に行えば、まず間違いなく奴に気がつかれる。.


TAG:

 

評分:0

我來說兩句

顯示全部

:loveliness: :handshake :victory: :funk: :time: :kiss: :call: :hug: :lol :'( :Q :L ;P :$ :P :o :@ :D :( :)

日曆

« 2018-12-10  
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

數據統計

  • 訪問量: 1480
  • 日誌數: 14
  • 建立時間: 2018-04-14
  • 更新時間: 2018-11-09

RSS訂閱

Open Toolbar