しかし、そう言われても、隼人は、妙に、この男が気に

上一篇 / 下一篇  2018-09-01 15:11:57

しかし、そう言われても、隼人は、妙に、この男が気にくわなかった。同じくらいの歳に見えるが、上から話されているように感じるからである。武士のエリート街道を歩んできたのか、どうも泥臭さがHKUE eng esdlifeじられない。劣等生が優等生に抱くような想いが持ち上がってきた。(いかん。いかん。)隼人は、自身のその想いを恥じるように瞑目すると、動かなくなった。そんな隼人に昌胤も話さなくなり、一団は粛々と甲斐の大殿の待つ躑躅ヶ崎館(つつじがさきやかた)に向かって行った。しばらく進むと眼前に、ひしめき合うように家々が立ち並ぶ町が一団の眼前に入った。躑躅ヶ崎館。戦国時代に築かれた甲斐武田氏の本拠地で、居館と家臣団屋敷地や城下町が一体となっている。甲府盆地の北端に位置し、南流する相川、東西を藤川と相川に囲まれ、背に詰城である要害山城を配置した構造となっている。この館を現在でも知っている人が多いのは、あの軍神と呼ばれた男が治めた地であったためであろう。騎馬の一団は、所狭しと並ぶ家々の間をはしる大通りを通過し、城へと向かって行く。


TAG:

 

評分:0

我來說兩句

顯示全部

:loveliness: :handshake :victory: :funk: :time: :kiss: :call: :hug: :lol :'( :Q :L ;P :$ :P :o :@ :D :( :)

日曆

« 2018-09-22  
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

數據統計

  • 訪問量: 1786
  • 日誌數: 26
  • 建立時間: 2018-04-10
  • 更新時間: 2018-09-01

RSS訂閱

Open Toolbar