二人が、その調子で、和やかに会話をしていると、すぐ

上一篇 / 下一篇  2018-07-31 19:19:10

二人が、その調子で、和やかに会話をしていると、すぐに美味しそうな香りが部屋を満たし始めた。新吉が、二人に具を取り分け、二人は当たり障りの無い話をしながら鍋を食した。あらかた腹が膨れてHKUE DSEたところで、二人が箸を置くと、新吉が鍋を片付け、部屋を出ていった。「いやはや、美味しゅうございました。」隆行が頭を下げると、「いやいや、満足してくださったようで良かった。」重盛が笑顔でそう言った後に、笑顔を引き締め、「さて…」と、姿勢を正した。(やっぱり何か話があったのか。)このての山賊が人を襲うとは、珍しい。それ程、困窮しているはずなのに、この待遇である。おそらく、今、この山賊達が出来うる最高の待遇であろう。隆行は、重盛にあわせ姿勢を正すと、腹を据え話を聞く姿勢を見せた。重盛は隆行の聞く準備が整ったのを確認し、「実は、一つ、お聞きしたき事がある。」重盛の眼光が鋭い。その眼には、虚言を許さない強い意志が表れており、真実を言わねばすぐに看破されるであろう。


TAG:

 

評分:0

我來說兩句

顯示全部

:loveliness: :handshake :victory: :funk: :time: :kiss: :call: :hug: :lol :'( :Q :L ;P :$ :P :o :@ :D :( :)

日曆

« 2018-08-19  
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

數據統計

  • 訪問量: 1336
  • 日誌數: 22
  • 建立時間: 2018-04-10
  • 更新時間: 2018-07-31

RSS訂閱

Open Toolbar