「そんなはずはない…。」信秀は信長の肩から

上一篇 / 下一篇  2018-07-29 21:16:46

「そんなはずはない…。」信秀は信長の肩から手を離しながら呟いた。信長の共廻りなんぞ、せいぜい20人。信秀の見た事無い知らない者をかき集めても、30いけば良い方である。それHKUE 傳銷対し、織田宗家は総動員すれば3000。いくら急襲しても、城には約200人。城下の者が駆け付ければ500に膨れる数である。「…誠に共の者のみでやったと申すか。何人じゃ。」信長が父に嘘をつくような男では無い事を、信秀は良く知っていた。「23人です。」信秀は再び驚かされた。23対500。常識的に考えて勝てる数字ではない。実に戦力差は、約25倍である。「…もしも、それが本当なら…」信秀はまたも驚きで身体を震わしている。「…もしも、それが事実であれば、古今未曾有の大戦果じゃぞっ!!!」信秀の叫びに信長は耳を押さえながら、「では、その大戦果です。」その言葉を聞いて、信秀を始め、織田家の群臣は耳を疑った。未だかつて、こんな戦力差で、かつ、こんな若造どもが、勝ったなどと言う話は、古今東西聞いた事が無い。


TAG:

 

評分:0

我來說兩句

顯示全部

:loveliness: :handshake :victory: :funk: :time: :kiss: :call: :hug: :lol :'( :Q :L ;P :$ :P :o :@ :D :( :)

日曆

« 2018-08-19  
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

數據統計

  • 訪問量: 1336
  • 日誌數: 22
  • 建立時間: 2018-04-10
  • 更新時間: 2018-07-31

RSS訂閱

Open Toolbar