そのまま立ち去ろうとしたが、川を

上一篇 / 下一篇  2018-06-09 02:37:53

 そのまま立ち去ろうとしたが、川を見て唐突に魚が食べたくなってしまった。数十秒間立ち尽くし、諦めきれなかったサキカは川原に手にしていた物を置いて、ブーツを脱いだ。制服のズボンの裾をた HKUE 傳銷 しあげ、川に足を踏み入れる。──冷たい水が心地よい。曲線を描く川の内側の少しばかり深くなっているところにたどり着き、足を止めた。水の高さは膝下まである。じっとしていると、魚が一匹、サキカの前を通りすぎようとした。それを狙っていたサキカは、右のみ身に体強化をして鷲掴みした。体長20cmの魚である。川岸の荷物を置いた辺りのところにそれを放り投げて、サキカは新たな獲物に狙いを定めた。××××××××××××まだ日の昇らない暗闇の中、サキカは体内時計に従って目を覚ました。──昨夜は一度奇襲を仕掛けられたが、前半に見張り晩をしていたサキカが返り討ちにして、事なきを得た。凝り固まった身体を解し立ち上がる。ユリアスの姿が少し離れたところにあった。また薪を集めているようだ。手伝おうかと思ったのだが、どうも身体が鈍っているような気がして、サキカは刀を喚び出す。戦いはしているものの、あまり実力を見せるわけにはいかず、中途半端に手加減をして戦っているのが原因だろう。左手で素振りを繰り返し、剣術の型を一通りやって、サキカはようやく手を止めた。右手でも振りたいが、どうしようかと迷う。「おはようです、サキカ君」手を止めたサキカにユリアスが朝の挨拶を告げた。その腕には薪が抱かれている。.


TAG:

 

評分:0

我來說兩句

顯示全部

:loveliness: :handshake :victory: :funk: :time: :kiss: :call: :hug: :lol :'( :Q :L ;P :$ :P :o :@ :D :( :)

日曆

« 2018-12-13  
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

數據統計

  • 訪問量: 2901
  • 日誌數: 28
  • 建立時間: 2018-04-10
  • 更新時間: 2018-11-04

RSS訂閱

Open Toolbar