「猫、ね。ならいいか。引き受

上一篇 / 下一篇  2018-06-06 17:39:25

 「猫、ね。ならいいか。引き受ける」「っ……ありがとう」シルシーがあっさりと了承したことにリリスは少し目を見開いたが、HKUE DSE 學生 それから嬉しげに笑んだ。彼の鮮やかな緑の髪の向こうの、左右色の異なる瞳がゆっくりと僅かに細められたのが、髪の隙間からほんの少しだけ見えたのだった。×××××××××××××明日から行く、と特訓していることを告げると、彼から言われた。リリスとアークは転移魔方陣で学園の近くの転移魔方陣を使用したあの支部に戻っていった。サキカも、と言われたのだが、こちらの近くでも用事があるからと断ると、アークは何も聞かずに二人で帰っていった。それは彼なりの優しさなのかもしれない。“月の光”の本部は、“暗夜の憂鬱”本部から近い場所にあるのだ。サキカはギルド“暗夜の憂鬱”の本部から外へと出ると、ギルド“月の光”本部へと足を進めた。まだ昼過ぎであるためか、道は行き交う人で混雑していた。商人が露店を開き、狭くなった道を馬車が行き来して、さらに混み合っている。どうやってギルド服に着替えようかと考えながら、店先の美味しそうな匂いを発しているミートパイに興味を引かれて、昼食を取ってからまだ一、二時間しか経っていないにも関わらず買ってしまった。食べながら歩き、ついでに街の様子を観察する。──魔人からの宣戦布告があったことを市民に伝えてから、数日が経過していた。しかし、街に混乱は見られない。以前、こうしてゆっくりと街を歩いたときと、人の様子は寸分も変わりないのだ。.


TAG:

 

評分:0

我來說兩句

顯示全部

:loveliness: :handshake :victory: :funk: :time: :kiss: :call: :hug: :lol :'( :Q :L ;P :$ :P :o :@ :D :( :)

日曆

« 2018-06-20  
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

數據統計

  • 訪問量: 403
  • 日誌數: 12
  • 建立時間: 2018-04-10
  • 更新時間: 2018-06-16

RSS訂閱

Open Toolbar