その様子を見て、次に自らの手足を確認したたっつんは

上一篇 / 下一篇  2018-12-09 21:04:01

その様子を見て、次に自らの手足を確認したたっつんは、「た…助かったぁあ。」と、声を漏らし、救出に参加しようと、村人達のいる方へ歩みを始めた。歩きながら、左右を見てみれば、土砂花園別墅、村の家屋の約半分を飲み込んでおり、(良く…助かったな…俺。)たっつんは、自らの強運に驚嘆せざるを得ない。その時、そんなたっつんの耳に、ひときわ大きな男の叫び声が聞こえてきた。「頭目!とぉおおもくぅうう!!」その男は、そう大きく吠えると、洞穴があったであろう場所を、素手で必死に掻き進めているように見える。その横に佇む、独特な立ち姿は、(許松以外にねぇな…。)ということは、(あれは…陳秀か…。)そう思ったたっつんは、スゥと大きく息を吸い込んだ。「陳秀ぅう!!ワシはここだぁあ!!」たっつんは大声を出して手を振ると、二人のもとへ走っていった。


TAG:

 

評分:0

我來說兩句

顯示全部

:loveliness: :handshake :victory: :funk: :time: :kiss: :call: :hug: :lol :'( :Q :L ;P :$ :P :o :@ :D :( :)

我的欄目

日曆

« 2019-01-23  
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

數據統計

  • 訪問量: 7836
  • 日誌數: 83
  • 建立時間: 2017-12-19
  • 更新時間: 2018-12-09

RSS訂閱

Open Toolbar