すると、狼煙を上げ始めたばかりだというのに、200

上一篇 / 下一篇  2018-10-17 21:58:11

すると、狼煙を上げ始めたばかりだというのに、200名程の小集団が関所に向かって疾駆してきた。「最早、後詰か?!」関所の者達ですら驚く早さで訪れるその小集団に、「来たぞ!この速海外轉運!一条家で、こないな芸当が出来るのは隆行様しかおらぬ!!」叫びをあげていた関所の者達は歓声を上げ始める。(ふぅ。隆行か。早いな。ありがたい。)Gにそう思わせた小軍勢は、まさしく、隆行率いる、一条家の軍であった。「急げぇ!兵は神速を尊ぶぞぉお!!」馬上から叫びをあげる隆行は、関所まで来ると、Gを見掛け、驚いた顔を向けた。「じ、G!!こんなところで何してる!!」「………わりぃ。」Gは、そう言って、猛り狂う西園寺を指差すと、「………俺についてきた。」と、告げた。


TAG:

 

評分:0

我來說兩句

顯示全部

:loveliness: :handshake :victory: :funk: :time: :kiss: :call: :hug: :lol :'( :Q :L ;P :$ :P :o :@ :D :( :)

我的欄目

日曆

« 2018-11-17  
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

數據統計

  • 訪問量: 6088
  • 日誌數: 80
  • 建立時間: 2017-12-19
  • 更新時間: 2018-11-15

RSS訂閱

Open Toolbar