そこには、遠目でも分かる程、物々しい戦支度の男達が

上一篇 / 下一篇  2018-09-10 19:30:49

そこには、遠目でも分かる程、物々しい戦支度の男達がたむろして、こちらを見ているようである。「………あぁ。」(100近くは居そうだな。そう簡単に帰らせてくれんか…。)Gは、銃を日本代運平つ手に力を込め、「………隠れてろ。」菊に言った。すると、その時、その男達も二人を認識したようで、二人を指差し何か喚いたかと思うと、男達は突然一斉に平伏し始めた。(???)男達のその行動に、隠れようとしていた菊や、撃破するつもりであったGは、目を丸くして、思わず後ろを振り向いてしまった。(後ろに偉い人でも…?)と、考えた二人であったが、後ろには累々と死体があるばかりである。釈然としない状況だが、大手門以外、この城からの帰り道を知らないGは、「………とにかく行くぞ。」と警戒しながら男達の方へ歩いていく。その男達は、時々顔を上げ、声の届く距離まで来たGを確認すると、「名のある方だと御見受けしました!」「鬼人と見間違う程の勇姿!感服致しました!」「是非!某を配下に!」我先にとGを讃え始め、仕官願いを叫び始めた。


TAG:

 

評分:0

我來說兩句

顯示全部

:loveliness: :handshake :victory: :funk: :time: :kiss: :call: :hug: :lol :'( :Q :L ;P :$ :P :o :@ :D :( :)

我的欄目

日曆

« 2018-09-22  
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

數據統計

  • 訪問量: 4892
  • 日誌數: 77
  • 建立時間: 2017-12-19
  • 更新時間: 2018-09-12

RSS訂閱

Open Toolbar