平行線の軍議は、この場にいない信長の事を指摘した信

上一篇 / 下一篇  2018-08-03 21:27:19

平行線の軍議は、この場にいない信長の事を指摘した信行派が次第に勢いを増していった。信行派の林通勝は、この流れで清洲城の件もこちらの主張を通してしまおうと言を荒げていた。「なぜ、かようGoogle advertising Agency重要な軍議に世継ぎであられる、若様がいらっしゃらないのか!!」これには、信長派は何も言い返す事が出来ない。柴田勝家が床をドンと叩く。「そうじゃ!!若様は何をしておる!!まさか、未だ寝ておるなどと言う事は無いでしょうな!!」その時、信長は、連れてきた五人に、信友らの首を庭に並べるよう指示し、小姓に案内され、軍議の部屋に到着した。廊下から小姓の声があがる。「若様が御到着なさいました。」「通せ。」信秀が不機嫌に言うと、障子が開き、あちこち焼け焦げて、返り血もちらほら目立つ具足姿の信長が軍議に姿を現した。信長は、その風体にア然としている家臣達の間を通り、空いている信秀の隣の席へ、ドカッと腰を降ろすと信秀に向かい軽く頭を下げた。「父上、遅くなりました。」「うむ。」


TAG:

 

評分:0

我來說兩句

顯示全部

:loveliness: :handshake :victory: :funk: :time: :kiss: :call: :hug: :lol :'( :Q :L ;P :$ :P :o :@ :D :( :)

我的欄目

日曆

« 2018-08-19  
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

數據統計

  • 訪問量: 4101
  • 日誌數: 65
  • 建立時間: 2017-12-19
  • 更新時間: 2018-08-03

RSS訂閱

Open Toolbar