隼人の、座敷牢での日々が始まった。あの日以

上一篇 / 下一篇  2018-08-03 21:21:23

隼人の、座敷牢での日々が始まった。あの日以来、竹千代の顔を見ていない。(でも、裕司はたしかに死んだよな。裕司にしか見えなかったけど、どういうことだ?)隼人は混乱しながらも、竹Prewedding hk代の事を考えていた。その座敷牢に毎日のように訪れる者がいた。信長である。隼人の強さを二度までも目の当たりにした信長は、隼人を何としても仲間に加わようと画策していた。その頃、尾張の兵は日の本一弱いとの評判だった。しかし、交通の要衝であり、商業が発達し、土地の肥沃な尾張を周辺の国は虎視淡々と狙っている。将来、家督を継いだ時に頼りになる部下を、今のうちから仲間として少しでも集める事に躍起になっていた。規制や常識に囚われぬよう、うつけとなり、物事の本質を自分の目で見て触れて、判断する。出来るだけ、農民や町民にも声をかけ、自分の器を広げる努力をおこなっていた。そんな信長である。隼人のような同年代の強悍な男は、是が非でも仲間に加わって欲しかった。毎日毎日、隼人のもとに来ては、いろんな物を持ってきたり、なんやかんやと話しかけたり、それはもう精力的だった。次第に、信長の目から見て、隼人は強さだけの男で無い事がなんとなく分かってきた。(こいつ頭も切れるんとちゃうか?)そのうえ、将器までうかがわせる節がある。


TAG:

 

評分:0

我來說兩句

顯示全部

:loveliness: :handshake :victory: :funk: :time: :kiss: :call: :hug: :lol :'( :Q :L ;P :$ :P :o :@ :D :( :)

我的欄目

日曆

« 2018-08-19  
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

數據統計

  • 訪問量: 4101
  • 日誌數: 65
  • 建立時間: 2017-12-19
  • 更新時間: 2018-08-03

RSS訂閱

Open Toolbar