本来ならこうなる前に使う──とい

上一篇 / 下一篇  2018-06-30 18:30:12 / 個人分類:Personal

本来ならこうなる前に使う──というか主として建物を建てた直後に使われる──魔法であるが、こうしておけば上級魔法でもぶっぱなされない限りは崩れ落ちることはないだろう。詠唱をわ香港婚禮攝影師わざしたのは、詠唱をしたほうが効果も上がり、消費魔力量も少なくて済むからである。突然、控え室のドアが中から開けられた。魔法を使ったことにより、こちらの存在に気がついた者が開けたのだ。しかし、ドアの隙間から顔を覗かせた人物を見て、ガイアは密かに驚いた。「ガイ……いや、炎帝様とそちらは……っ!?」驚愕に黒い目を見張ったその人物は、ロード。ここにいるとは思っていなかった人物の登場に、僅かに眉根を寄せる。てっきり、出入口付近にいて今頃瓦礫の下敷きになっていると思っていたのだが。──ロードの目は、ガイアの腕の中で眠るサキカに向けられている。銀のマントを身に纏い、ぐったりと身を預ける彼に。「総帝、様……」呆然と呟き、しかし直後に我に返って中へと招き入れてくれた。魔法封じが消え去ったおかげで明かりがつき、煌々と室内を照らしていた。「……あぁ、やっぱり。サキカ君はただ者じゃあなかったんだね」紅のマントを羽織ったガイアと、銀のマントに身を包んだサキカ。控え室にいた教師は皆驚愕し、なぜかその中に紛れ込んでいた猫耳──リリスだけは納得したように呟きを漏らした。.


TAG:

 

評分:0

我來說兩句

顯示全部

:loveliness: :handshake :victory: :funk: :time: :kiss: :call: :hug: :lol :'( :Q :L ;P :$ :P :o :@ :D :( :)

我的欄目

日曆

« 2018-11-13  
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

數據統計

  • 訪問量: 5905
  • 日誌數: 79
  • 建立時間: 2017-12-19
  • 更新時間: 2018-10-17

RSS訂閱

Open Toolbar