「今配ったリュックサックには、拳

上一篇 / 下一篇  2018-06-19 19:36:31 / 個人分類:Personal

「今配ったリュックサックには、拳大サイズのライ麦パンが四つ入った麻袋と岩塩の入った小瓶と水の入った革袋、それから毛布と小型ナイフと火打ち石、小さめの銅鍋と器とスプーンが入っているは玫瑰痤瘡原因だ。確認してくれ」サキカは片膝をついて地面にリュックサックを置き、指示されたとおりにリュックサックを口を開けて中身を確認していく。一通り確認が終わると、元のように戻して、左肩にかけてから立ち上がった。「さて、確認が終わったようだからルールの説明を始めようか」ぐるりと闘技場内を見渡したラウは、楽しげに笑って口を開いた。その内容をまとめるとこうだ。・この予選はあくまでもニアン学園──中央の国の代表を決めるものであるため、参加をするのはニアン学園高等部の生徒のみである。・生徒及び魔物を倒すと点数が与えられる。一年生を倒した場合は十点、二年生を倒した場合は十五点、三年生を倒した場合は二十点。初級の下位魔物が五点で、中位、上位と強くなるにつれて五点ずつあがっていく。中級の下位魔物は二十で、こちらの点数も下級と同じく。二人以上で倒した場合は、与えたダメージによって点数を分ける。・ペンダントに倒されたと判断された生徒は、闘技場に強制転移させられる。・このサバイバルは競争でもあり、ゴールした順位によっても点数が加算される。・使い魔の使用と“ボックス”の使用は禁ずる。・なお、何らかの事情で競技続行が不可能である状況に陥った場合、配られたペンダントを握りしめて「ギブアップ」と叫ぶこと。結界魔法と転移魔法が発動し、この場に戻ってくることができる。・各グループのメンバーの点数の合計の高い順に六グループのみに、本選出場の権利が与えられる。・因みに自分の点数はペンダントを握りしめて念じればわかる。・闘技場に強制転移、もしくはギブアップをした場合の点数は、その生徒の貯めた点数の五分の一の点で計算される。.


TAG:

 

評分:0

我來說兩句

顯示全部

:loveliness: :handshake :victory: :funk: :time: :kiss: :call: :hug: :lol :'( :Q :L ;P :$ :P :o :@ :D :( :)

我的欄目

日曆

« 2018-09-18  
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

數據統計

  • 訪問量: 4789
  • 日誌數: 77
  • 建立時間: 2017-12-19
  • 更新時間: 2018-09-12

RSS訂閱

Open Toolbar