"「はいはい」 女主人が手を叩く。 「暗"

上一篇 / 下一篇  2018-03-17 18:29:04 / 個人分類:Personal

"「はいはい」

女主人が手を叩く。

「暗い雰囲気はそんぐらいにして戻るよ」

さっさと先頭を歩き出す女主人の背をサキカは細めた目で追った。

「……サキカ、行かないのか?」

  日本買樓  歩歩いたガイアが振り返って不思議そうに問う。

「あ……。ごめん」

サキカはいつもの笑みを浮かべ、歩き出した。


















××××××××××××


夕食は宿屋の一階の食堂の様なところで取った。

食堂は広く、淡いオレンジ色の照明で木製の机と椅子が照らされていた。

この村に来る者は少ないらしく、食堂に数人の村人が集まってただの学生でしかないサキカ達を歓迎してくれた。

バターをたっぷり塗り、香草で香付けをして丸焼きにされた魔物の肉を、果実でつくった甘酸っぱいソースにつけて食べる。

一口で口の中に濃厚な旨味が広がるそれは、まさに絶品である。

蒸留酒を果汁100%のジュースで割り、甘い風味のそれを飲む。

飲酒はとくに年齢制限がないものの、十五、六の学生で飲む者はほとんどいない。

注がれた酒を顔色一つ変えずカッパカッパと空にしていくサキカに、皆は驚きを隠せなかった。

「うっぷ……。流石サキカらなぁ~」

コップ二杯でできあがっているガイアがサキカに絡む。

ガイアの目はとろんとしており、すでに呂律はまわっていない。

「ちょっとガイア!」

「……ぐぅ…………」

抱き着いた体制のままガイアは夢の世界へと旅立った。

「……はぁ」

溜息を吐いてガイアの腕の中から抜け出す。

周りを見るといい歳した大人達が数人酔い潰れていた。

アークは酔っ払った大人に絡まれ、酒を飲まされそうになり、必死に逃れようとしている。

レイトはその横で酔い潰れていた。

リリスとユリアスは酒を飲まず、二人で話しているが、有舞は酒を片手に据わった目で宙を睨んでいる。

呆れた目で周りを見渡していたサキカに、女主人が話し掛けた。

「君は酒に強いんだね」

「はい、……そのようですね」

サキカは苦笑した。


."




TAG:

 

評分:0

我來說兩句

顯示全部

:loveliness: :handshake :victory: :funk: :time: :kiss: :call: :hug: :lol :'( :Q :L ;P :$ :P :o :@ :D :( :)

我的欄目

日曆

« 2018-10-20  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

數據統計

  • 訪問量: 5376
  • 日誌數: 79
  • 建立時間: 2017-12-19
  • 更新時間: 2018-10-17

RSS訂閱

Open Toolbar