「仕方ねえなあ。んじゃ、オーナーが来るまで自分の部

上一篇 / 下一篇  2018-03-08 17:09:55 / 個人分類:Personal

"「仕方ねえなあ。んじゃ、オーナーが来るまで自分の部屋に籠もるか。」


書類を持って、ヤクさんが立ち上がった。


読みかけの本は、そのままテーブルに伏せた。


「本が傷みます。 買東京樓 


「また読むからいい。そのままにしとけよ、菅野。」


すれ違うときに、ヤクさんは菅野の肩をポンと叩いていった。


「仰せのままに。」


どちらも、口元に微笑を浮かべている。


ヤクさんがいなくなると、先生がようやく声を出して笑った。


「はっはっは。いつ見ても仲がよいのう。」


「おそれいります。」


否定しないところがまた、先生の笑いを誘う。


目の前の男は、正式に執事としての教育を受けているが、なかなかどうして、型にはまった優等生タイプではない。"




TAG:

 

評分:0

我來說兩句

顯示全部

:loveliness: :handshake :victory: :funk: :time: :kiss: :call: :hug: :lol :'( :Q :L ;P :$ :P :o :@ :D :( :)

我的欄目

日曆

« 2018-06-22  
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

數據統計

  • 訪問量: 3000
  • 日誌數: 54
  • 建立時間: 2017-12-19
  • 更新時間: 2018-06-19

RSS訂閱

Open Toolbar