"「ち、地帝様!? あのじぃちゃんが!?」 レイトは驚<"

上一篇 / 下一篇  2018-02-04 19:03:02 / 個人分類:Personal

"「ち、地帝様!? あのじぃちゃんが!?」

レイトは驚 香港旅行社  た。

じぃちゃん――もとい井野は六十ぐらいの男性で、厳しくて恐くて……それでいて優しい、レイトにとっては憧れの師匠である。

まさかその井野が国……否、世界のトップに立つ、帝という手も届かないどころか天のまたその上の人物だとは、思いもしなかったのだ。

「ひ、人違いじゃないっスか?」

その線の方が濃厚だ。

しかし、ロードは首を振る。

「地帝様も槍使いだ。それもお前みたいな槍の先が両刃になっている槍の、な」

「うっそぉ……」

確かにレイトは井野が槍を使っているところを見たことがある。

……というよりも井野が槍を使っていたから自分も槍を使いはじめたのだ。

だが――

「やっぱり人違いっスよ。同姓同名ってヤツだと思うっス。だってあのじぃちゃんっスよ?地帝様とかありえねぇっス」

レイトにはまだ信じられなかった。

「こんな近くに地帝様がいるわけないじゃないっスか!」

あの帝が田舎で細々と暮らしている井野と同一人物とは思えないのだ。

「それを言ったら学園長はどうなる?」

「…………」

確かにその通りだ。

レイトは何も反論ができず黙り込む。

「まあ、確認のしようがないし、『恐らく』の話しだがな」

ロードは最後にそう締め括り、テストは終わりだと言ってレイトを闘技室の外へ出した。















××××××××××××


数十分後――


有舞が闘技室の前に現れた。

(少し緊張するわね……)

目を瞑り、呼吸を整えると再び目を開く。

そしてドアをノックした。


."




TAG:

 

評分:0

我來說兩句

顯示全部

:loveliness: :handshake :victory: :funk: :time: :kiss: :call: :hug: :lol :'( :Q :L ;P :$ :P :o :@ :D :( :)

我的欄目

日曆

« 2018-02-20  
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

數據統計

  • 訪問量: 1275
  • 日誌數: 38
  • 建立時間: 2017-12-19
  • 更新時間: 2018-02-14

RSS訂閱

Open Toolbar