って言ったよ。俺だって大島にまで来て捕まりたくない

上一篇 / 下一篇  2018-01-09 11:33:28 / 個人分類:Personal

"って言ったよ。俺だって大島にまで来て捕まりたくない!」
離島の刑務所生活なんて・・・・
それよりも、俺自身が納骨されそうだよ!
男女に分かれて、俺も高い料金分の元を取ろうと、いろいろある風呂を全部堪 日本買樓須知 しちまった。
あれだな。打たせ湯って気持ちがいいな。
つい、親父のように唸っちまったぜい!
たっぷりと時間をかけて風呂に入って、大きな畳の部屋に入ると、出て来たばかりなのか、体から顔から頭からと湯気が出てそうなくらい逆上せている荒木戸がいた。
「お待たせ。俺よりも早かったんだな」
普段、表情が変わらないのと同じく、顔色も変わったところを見た事がない。照れて赤くなるとか、怖がって青くなったりとかは一度も見た事がないが、やはり人間だったようで、逆上せると赤くはなるようだ。
「何か飲むか?」
おそらく、ここが民宿か自分の家だったらダイブして横になっていたいくらいの心境だろう。
「お、おおおおおお、お願いします」
何気に余計に""お""を多く言われたが、すなおに早く買って飲ませてやろうと聞き流した。
優しい俺は水のペットボトルのふたも開けてから差し出してやると、それを奪うように掻っ攫ったあいつはゴクゴクと喉を鳴らしながら一気飲みして行く。
あぁ・・・・。俺も風呂上がりのビールを飲みてぇ・・・・・
レンタカーなんて借りなければ飲めたのに・・・・・
今朝の俺、なんて余計な事をしてくれたんだよ!
先ほどは称賛した心の中の俺も、今ではレンタカーに手をつけた自分を罵っていた。
不審げながらも、言われた通りに""そこ""に車を停めさせてもらうと、車から降りた荒木戸が
「おばちゃ~ん!車、停めさせて-----!」
と、家の中に向かって叫ぶと、中からは
「ど~お~ぞ~」
と、外を窺うこともなしに同じような叫び声で返事が戻って来た。
おいおい!庭に他人が勝手に車を停めても怒らないのかよ!
俺が代りに怒っちまうよ・・・・・
許しを得た荒木戸に連れられて、道反対の墓地に向かうが、墓地の入り口辺りではオバちゃん達が屯している塊をあちこちで見かける。
その横を通り過ぎるたびに
「風が止んで良かったねぇ」とか言いながら通り過ぎる彼女は、みんなと知り合いなのかと思ってたけど
「知らない人ですよ。でも、もしかしたら小さい頃に会ってたかもしれませんけど」
平然と知らない人に親し気に話しかけていたようだ。
普段は会社の中でのこいつしか知らない俺は、軽くショックを受けている。
知らない面を知れた嬉しさはあるが、どっちが荒木戸真澄なのかの戸惑いも生まれる。
いや。
どっちも荒木戸真澄なんだろうな・・・・・・
ここでは表情を繕わないのか、それとも繕いたくないのか素の荒木戸真澄の姿だった。
時間通りに墓まで来てくれた寺の住職と、俺と荒木戸の3人しかいない納骨も無事に済ませ、午後の船の時間まではまだ余裕がありそうだ。
「島一周する時間は残ってませんけど、どこかに行きますか?」
急に言われて思いつくものでもないと思っていたが、たしか、伊豆大島って・・・・・"



TAG:

 

評分:0

我來說兩句

顯示全部

:loveliness: :handshake :victory: :funk: :time: :kiss: :call: :hug: :lol :'( :Q :L ;P :$ :P :o :@ :D :( :)

我的欄目

日曆

« 2018-01-18  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

數據統計

  • 訪問量: 622
  • 日誌數: 33
  • 建立時間: 2017-12-19
  • 更新時間: 2018-01-18

RSS訂閱

Open Toolbar